口腔外科│小児・予防歯科のふじさわ歯科クリニックは川口駅徒歩5分、託児サービス(保育士がお子様をお預かりいたします)もあります。

  • 託児サービス有
  • 川口市1才6ヵ月健診対応
  • 各種クレジット決済対応

048-255-6480

平日
9:00-13:00 14:30-18:00
水曜※
9:00-13:00 14:30-16:30
土曜
9:00-13:00 14:30-17:00

休診日 水曜(※祝日がある週は診療)
日曜・祝日

初診専用 ネット予約

再診専用 ネット予約

口腔外科

口腔外科における治療について

口腔外科における治療について

顎の骨にインプラントを埋め込み、その上に人工歯を装着するインプラント治療、入れ歯をインプラントで固定するAll-on-4、歯肉に埋まった難症例の親知らずの抜歯、顎関節の痛みや開口障害などを緩和する顎関節症治療など、通常の歯科治療とは異なる外科的要素の強い複雑な治療を行なうのが口腔外科です。

特にインプラント治療は機能性にも審美性にも優れ、入れ歯やブリッジとは異なったメリットのある治療方法として、近年注目されています。また、親知らずによる腫れや痛み、顎関節症があると慢性的な不快感があり、不定愁訴などの原因になりますが、治療を受けることで症状の改善が期待できます。

口腔外科の治療は手術をともなうことが多いため、怖いという印象を持たれがちですが、気になる症状がある方はぜひお越しください。検査を行なって症状を把握し、適切な治療を行なって健康な身体を手に入れましょう。

インプラント

インプラント治療費について

インプラント

顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着する治療方法です。顎の骨とインプラントが結合して一体化するので、ずれたり外れたりすることなく、硬いものでも天然歯のように力を入れてしっかりと噛むことができます。また、人工歯で自然な輝きと白さを再現できるので、日常生活のなかで周りの人からインプラントと気づかれることはありません。 このように機能性と審美性に優れた治療ですが、自費診療となるため治療費が高価になります。また、治療後には自分の歯とき以上にしっかりとメンテナンスを行なわないと、インプラント周囲炎という歯周病のような症状を発症し、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまいます。

入れ歯やブリッジとは異なるメリットのあるインプラントですが、すべての方に適用できるというわけではないので、歯科医師とよく相談したうえで治療を受けることが大切です。

1回法と2回法

インプラント治療には、『1回法』と『2回法』があり、歯肉を切開する手術が1回か2回かという点で異なります。 1回法では、歯肉を切開して顎の骨にアバットメント(インプラントと人工歯の接合部分)と一体化している形状のインプラントを埋め込み、上部を歯肉の上に露出させた状態にします。ここまでの段階で手術は1回となります。顎の骨とインプラントが一体化したら人工歯を装着します。

2回法では、歯肉を切開してインプラントを顎の骨の中に埋め込み、歯肉で完全に覆って縫合します。顎の骨とインプラントが一体化したら再度歯肉を切開し、インプラントにアバットメントを装着します。ここまでの段階で手術は2回となります。その後、人工歯を装着します。

医療従事者の方へ「インプラント手術サポート」

ふじさわ歯科クリニックが、先生の手術をサポートいたします。
ふじさわ歯科クリニックでは、出張にて先生のインプラント手術のサポートを行っております。また、症例相談にも応じております。
※詳しい費用・その他ご質問などはお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。

All on 4

All on 4治療費について

All-ON-4(オールオンフォー)ならたった1日で取り外しの要らない歯に

ALL-ON-4(オールオンフォー)とは、最少4本のインプラントのみで即日に歯を全体的に回復させる方法です。

  • 骨の移植をしなくてもインプラントを入れる事ができます。
  • 高い成功率の治療を受ける事ができます。
  • 見た目が美しく、使いやすく、清掃もしやすい固定式の歯を入れる事ができます。
  • 抜歯から、インプラントの埋め込み、仮歯の装着まで1~2日で行う事ができるようになりました(条件による)。
  • 埋め込むインプラントの数が少なくて済む(最少4本)ため、治療費を比較的安価に抑える事ができます。

All-ON-4(オールオンフォー)治療の流れ

  • 診査・診断、口腔内写真、口腔内模型、レントゲン・CT撮影
  • 手術前に仮歯を作製
  • オペ当日の朝に来院して午前にオペ開始
  • オペ当日夜もしくは翌日朝に仮歯を装着して帰宅
  • オペ後6ヶ月間は、仮歯調整など経過観察
  • オペ6ヵ月後に最終的な歯を作製開始

手術当日に取り外し不要の固定式の仮歯を装着できます

  • 歯科医師がネジで歯肉付の人工の歯をインプラントに固定いたします。
    (患者様ご自身が歯を取り外す事はございません)
  • インプラントが骨とくっついて最終的な歯を作り始めるまでの6ヶ月の治癒期間中、治癒の状態や患者様のお好みに合わせて仮歯を調整いたします。
  • 仮歯ではほとんどの場合、歯が10本程度となります(最終的な歯では12本程度)
  • 治癒期間中、必要に応じて仮歯を新しく作りなおす事がございます。
  • インプラントの本数が少ない(4~6本)ため、清掃が比較的簡単です。
  • 仮歯は調整のしやすさを優先するため、最終的な歯に比べて強度が低く(入れ歯と同じ材料)なっております。よって、仮歯の間は硬い食べ物は避けてください。
抜歯

抜歯

抜歯

歯肉に埋まっていたり、斜めに生えている難症例の親知らずの抜歯を行ないます。 親知らずというと「抜かなくてはいけない」と思われている方もいますが、そうとは限りません。真っすぐに生えており、隣の歯や噛み合う歯に影響を及ぼさなければ、抜く必要はありません。

ただし、隣の歯にぶつかったり圧迫するなど異常な生え方をしていると、きちんと歯磨きできずに虫歯や歯周病になる可能性が出てきます。また、噛み合わせに不具合が生じ、全身の健康を損なうことも考えられます。そのように異常な生え方をしているときは、痛みや炎症など特別な症状がなくても、抜歯を行なう場合があります。

「痛みはないけどうまく磨けない」「周りの歯肉が腫れてきた」など、気になる点がありましたら早めにご相談ください。

初診専用ネット予約