矯正歯科│小児・予防歯科のふじさわ歯科クリニックは川口駅徒歩5分、託児サービス(保育士がお子様をお預かりいたします)もあります。

  • 託児サービス有
  • 川口市1才6ヵ月健診対応
  • 各種クレジット決済対応

048-255-6480

平日
9:00-13:00 14:30-18:00
水曜
9:00-13:00 14:30-16:30
土曜
9:00-13:00 14:30-17:00

休診日 日曜・祝日

初診専用 ネット予約

再診専用 ネット予約

矯正歯科

矯正歯科における治療について

矯正歯科における治療について治療費について

矯正歯科では、出っ歯・受け口・すきっ歯・八重歯などの乱れた歯並びを、矯正装置を使って美しく整える治療を行ないます。矯正治療を行なう目的は、見た目の美しさを手に入れるためだけではありません。歯並びが乱れていると、細かい部分まで歯磨きできず、虫歯や歯周病の原因になります。また、噛み合わせの不具合を招き、十分に咀しゃくできずに消化器官に負担を掛けたり、肩こりや腰痛、体の歪みを引き起こすなど全身に悪影響を及ぼします。つまり、口と全身の健康を維持するためには、矯正治療が有効なのです。

装置を目立たせたくないという方は、症状によっては透明で目立たないマウスピース矯正を選択できたり、お子様は取り外せる床矯正を選択できるなど、その方の生活環境やご要望に合った装置で治療を行ないます。

矯正治療を受けたいという方は、ぜひ一度ご相談にお越しください。適切な治療で美しい歯並びと健康な身体を手に入れましょう。

大人の矯正治療

矯正治療は、顎の成長をコントロールできるお子様の段階で行なうのが効果的ですが、大人でも治療効果は十分得られます。大人はお子様に比べて歯や骨の反応が遅いため、歯の移動に時間がかかりますが、自分の意志で最終目標をもって治療に臨むため、口の衛生状態維持や装置の扱いなどの配慮ができ、効率的に治療を行なえます。見た目だけでなく噛み合わせも整えることで、全身の健康維持につながります。 矯正治療をご検討の方はお気軽にご相談ください。

子供の矯正治療

お子様は、成長期に顎の骨も成長します。その段階で矯正治療を始めることにより、顎を適切な成長へと導くことができ、将来の歯並びや噛み合わせをきれいに整えられます。歯並びや噛み合わせの悪さは顔や身体がゆがむ原因にもなります。それがコンプレックスとなって心理面に悪影響を及ぼすこともあるため、お子様のうちに治療を行なうのがお勧めです。お子様が自分で装置を扱えれば治療が可能です。

症状によっては、大人になってから矯正治療を継続する必要も出てきますが、抜歯する可能性が低くなります。

矯正治療の流れ

矯正歯科では、出っ歯・受け口・すきっ歯・八重歯などの乱れた歯並びを、矯正装置を使って美しく整える治療を行ないます。矯正治療を行なう目的は、見た目の美しさを手に入れるためだけではありません。歯並びが乱れていると、細かい部分まで歯磨きできず、虫歯や歯周病の原因になります。また、噛み合わせの不具合を招き、十分に咀しゃくできずに消化器官に負担を掛けたり、肩こりや腰痛、体の歪みを引き起こすなど全身に悪影響を及ぼします。つまり、口と全身の健康を維持するためには、矯正治療が有効なのです。

装置を目立たせたくないという方は、症状によっては透明で目立たないマウスピース矯正を選択できたり、お子様は取り外せる床矯正を選択できるなど、その方の生活環境やご要望に合った装置で治療を行ないます。

矯正治療を受けたいという方は、ぜひ一度ご相談にお越しください。適切な治療で美しい歯並びと健康な身体を手に入れましょう。

STEP1

初診カウンセリング

治療に関する心配や疑問をお聞きしながら、お口の中を診査し、歯列矯正治療の大まかな説明、期間の見通し、使用装置、費用についてお話します。
お気軽にご来院、ご相談ください。

初診カウンセリング

STEP2

口腔内診査

虫歯または歯周病の状態やかぶせ物、詰め物の劣化等チェックします。この後、お口の状態をご説明し、患者様が希望される部位、もしくは優先順位の高い所から治療を行います。痛みのない方は歯周病の診査、お口の中のお写真を撮り、チェックしていきます。

口腔内診査

STEP3

X線検査

現状を把握する為にX線を撮影します。ふじさわ歯科クリニックのX線はデジタル方式なので放射線の被爆量が通常の1/4~1/6程度に抑えられています。

X線検査

STEP4

検査結果と治療計画の説明

検査結果を踏まえ、今後の治療計画をご説明いたします。治療や治療期間についての不安や疑問点について。また、治療費やお支払方法などお気軽にご相談ください。

検査結果と治療計画の説明

STEP5

装置の装着(治療開始)

動的治療(ワイヤー装着、マウスピース装着)を開始します。2~4週間に一度来院していただき装置を調節して歯を動かしていきます。

3~6カ月(ワイヤー矯正の場合)
3~12か月(マウスピース矯正の場合)

装置の装着(治療開始)

STEP6

装置の除去、保定装置の作成

歯列が改善されたのを確認し、装置の除去歯のクリーニングをおこないます。装置を外して暫くすると歯が元の位置へ移動する性質があるため、保定装置を装着することで矯正した歯列を保持するようにします。

装置の除去、保定装置の作成

STEP7

保定管理

歯を動かしてきれいに並べた後は、後戻りが起きないように保定装置を使っていただきます。
3~6カ月に1度の来院で保定装置に問題がないか、歯に問題がないかチェックしていきます。
その際、歯のクリーニング(歯垢・歯石・着色の除去)も同時に行っていきます。

保定管理

STEP8

矯正治療完了

無事保定期間を終えましたら、矯正治療は全て完了です。個人差はありますがに成人の方の場合は歯が元に戻る力も強いため矯正治療完了後も保定装置の使用をお勧めします。

矯正治療完了

マウスピース矯正

マウスピース矯正治療費について

マウスピース矯正

当歯科クリニックでは透明のマウスピースを利用した新しい矯正装置を使用しております。金属アレルギーの方やお仕事上装置を昼間付けられない方でも治療が可能です。従来の固定式矯正と比べ、薄いマウスピースを使用しますので、取り外しができ、気軽に使用する事が可能です。

プチ矯正

プチ矯正治療費について

「前歯が少し出ているのが気になる」「前歯のちょっとした隙間をなくしたい」「治療時間や治療費をかけたくないので、とりあえず目立つ前歯だけ整えたい」など、目立つ前歯の治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

そのような方にお勧めなのが、『プチ矯正』です。主に前歯の気になる部分だけに矯正治療を行なうことができます。治療期間・費用の面でも、歯列全体を整える治療に比べて取り組みやすいのが特徴です。

ただし、重度の出っ歯・八重歯など、症例によってはプチ矯正が適用できないこともあるので、詳細は検査後にお伝えします。

プチ矯正

プチ矯正のメリット

  • 器具を全ての歯に取り付けなくても良い。
  • 短期間で治療が終わる。
  • 高額な本格矯正に比べ、リーズナブル。

治療期間

治療期間に関しては約3~6ヶ月と、全顎の通常の矯正の3~5年に比べ、かなり短くなっています。これは、動かす歯が前歯だけに限局しているため、歯の移動差が少なくて済むためです。
通院間隔は2~3週間に1回と全顎の矯正(約1~1.5カ月に1回)に比べ、短くなっていますが、プチ矯正の場合、全体の治療期間を短くするために、治療の間隔を短めにしております。

プチ矯正治療の流れ

STEP1

初診カウンセリング

初診相談治療に関する心配や疑問をお聞きしながら、お口の中を診査し、歯列矯正治療の大まかな説明、期間の見通し、使用装置、費用についてお話します。
お気軽にご来院、ご相談ください。

初診カウンセリング

STEP2

口腔内診査

虫歯または歯周病の状態やかぶせ物、詰め物の劣化等チェックします。この後、お口の状態をご説明し、患者様が希望される部位、もしくは優先順位の高い所から治療を行います。痛みのない方は歯周病の診査、お口の中のお写真を撮り、チェックしていきます。

口腔内診査

STEP3

X線検査

現状を把握する為にX線を撮影します。ふじさわ歯科クリニックのX線はデジタル方式なので放射線の被爆量が通常の1/4~1/6程度に抑えられています。

X線検査

STEP4

検査結果と治療計画の説明

検査結果を踏まえ、今後の治療計画をご説明いたします。治療や治療期間についての不安や疑問点について。また、治療費やお支払方法などお気軽にご相談ください。

検査結果と治療計画の説明

STEP5

装置の装着(治療開始)

ここからが治療のスタートです。使用する装置によって異なりますが30分~120分程度で装置の装着が完了します

装置の装着(治療開始)

主な治療法

メタルブラケット

矯正治療に最も多く使用される装置。表側に取り付けるタイプで、他の矯正と比べ低コストなのが特徴です。

セラミックブラケット

削った歯にセラミックのクラウンを被せ、歯並びを美しくする治療法です。

マウスピース

正式名称はインビザライン。透明なマウスピースをかぶせて治療を進めていきます。透明なので目立たず、取り外しも可能です。

プチ矯正の症例(4か月)

床矯正

床矯正治療費について

床矯正

お子様の歯並びの悪さを気にされている保護者の方が多くいらっしゃいます。歯並びが悪いと、正しく歯磨きできず虫歯になったり、噛み合わせの不具合が身体の歪みを引き起こすなど、全身の健康に影響します。しかし顎の骨が成長する段階から治療を行なうことで、歯がきれいに並ぶよう導くことができます。

成長期のお子様を対象として行なうのが『床矯正』です。狭い歯列を拡大して歯がきちんと並ぶためのスペースをつくることができるので、将来歯並びがきれいに整います。悪い歯並びを治すのではなく、歯並びが悪くならないよう、早い段階から治療を行なうことが大切です。

床矯正による痛みについて

基本的に痛みを我慢する治療ではありません。痛いのを我慢してつけておく必要はないので痛む場合は外してすぐに医院へ来院下さい。調整すればすぐに治ります。

床矯正装置の装着時間について

食事、歯磨き、お勉強時などで発音障害を生じる場合は装置を外します。小学校低学年の子やどうしても学校につけて行きたくない子は家に帰ってからつけます。

治療費について

まず、矯正の診断検査を行います。歯型模型作製、写真撮影、咬合状態、成長検査、レントゲン検査などを行います。その後、装置の使用を開始します。

装置をいくつ使うかが治療費の大部分になります。診断料や装置の費用は歯並びによって多少の変動はございます。

初診専用ネット予約